スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人に今、必要なこと2


まずはクリックお願いします。

(続き)
現在の日本の官僚体制は明治に始まっていますが、
その当時の日本では維新の若者たちが作った若々しい国家であったために、
国を思う心、国を守る心を持った政治家や官僚が多かったのです。

当時を振り返れば、アメリカの黒船に脅され、
フランス、イギリスに国土を砲撃され、ロシアに領土を脅かされ、
外的要因が大きかったと思いますが、
いつ何時他国に侵略されてもおかしくないし、
世界環境も帝国主義全盛のころであったので、
その日本人の恐怖たるや想像を絶するものであったと思われます。

三百諸侯といわれる江戸体制の幕府統治下では
「藩人」「藩士」としての意識はあったと思いますが、
「日本人」としての意識はまだまだ低かったのです。

ところが三百もある藩がそれぞれ勝手なことをしていては、
諸外国が楽に領土を切り取れるだけです。

実際に「清」といっていた当時の中国ではそこかしこを
欧米列強に蚕食されていたのです。

そこで「それではいかん」、
ということで超中央集権的な明治維新政府が誕生したのです。

維新政府では官僚が大活躍しました。

彼らには新たな日本を自分たちの手で
作っているという喜びもあったでしょうが、
一時でも休んでいれば他国に侵略されるという気分があったでしょう。

ある欧米に当時留学した日本人は寝る間を惜しんで勉強したといわれますが、
彼などは「私が一日休めば日本が一日遅れてしまう」という意識、気概のようなものがあったのです。

彼らが頑張った恩恵と言うものは、
われわれの暮らす現代の日本に色濃く反映されています。

その分野は多岐にわたります。銀行制度、郵便制度、
鉄道、建設技術、教育制度など少し考えただけでもこれだけあげることができます。

またその技術、制度は日本だけにとどまらず、海を越えていきました。

台湾に今でも残っているダムは台湾国民の生活を飛躍的に向上させましたし、
作った日本人(八田与一)は銅像になり今でも感謝されているのです。

また、国立の大学も韓国や台湾に日本本土の大学が整備されていくのとほぼ同時期に、
またはそれよりも早く作られてもいます。
しかも日本国民の税金を資本としてです。

日本は侵略国家だのなんだのといわれています。
確かに今の基準でいえばそういえなくもないかもしれません。

しかし、それを理由にしてかつての日本人はひどい奴らだった、
他国を侵略したではないか、
とは一概には言えないのです。

われらの先祖が残した技術や制度の恩恵の上に
成り立っているのが現在の日本です。
私はこの先輩方を尊敬するし、
誇りにも思います。
 
話しが脱線しかかっていますが、
要は日本を誇りに思う気持ちが今、
一番大切なのではないか、ということなのです。

その気持ちさえ取り戻せば、
そうは単純にはいかないでしょうが、
今ある問題の多くのものは解決できるのではないかと思います。

(続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

kokkikoki

Author:kokkikoki
若人党党首
35歳にして若人です。
コメント歓迎、リンクフリーです。
相互リンク大歓迎!!
党員募集
党大会という名の酒宴で国事を語り合いましょう!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
こころを揺さぶる書
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。