スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の教科書は…

クリクリよろしく


日本の歴史教科書はバランスに欠けているといわざるを得ません。

先ほど申しました
「日本人はかつてこんなに悪いことをした」
という記述に満ちています。
韓国併合。大東亜戦争。南京事件。従軍慰安婦。盧溝橋事件。東京裁判等々。

東条英機首相などはヒトラー、ムッソリーニ
と並ぶ当時の三大悪人という感じです。

おかげで私は戦前、戦中は全くもって暗黒の時代であり、
その当時の日本人は極悪非道な人であったと思ってしまいました。

もしこのように載せるのなら、
良いことをした日本人の記述も載せるべきであるでしょう。

それがバランスのとれた民主国家の教科書のあるべき姿です。
 
そして何より大切だと私が考えるのは、
その当時の世界の原理というもの、
何によって、どういう考えによって動いていたのか、
その時代の空気というものをしっかり教えてほしいということです。

当時は疑うべくもなく、
植民統治の時代であり欧米各国がどれだけ
自国の版図を広げられるかといった、
正に弱肉強食の時代であったのです。(私は今現在でもその基本はかわっていないと思いますが)
食うか、食われるか。

現代のように、男女同権が叫ばれ、
人種差別はいけないことだという考えはまだマイナーであった時代です。

今よりも力の支配、要するに軍事的に強い国が支配しているという構図です。

その世界情勢にたった上で、
ヒトラーもムッソリーニも東条英機もみなければならない。(まずヒトラーと東条が同列に並ぶのはどう考えてもおかしいと思いますが)

ヒトラーがなぜドイツ国民の熱狂的な支持を受けたか。
そういうところまで教えなければならないと思います。
そうしないと実に公平性の欠いた教科書になってしまうと思います。

南京事件を教えるのであれば、通州事件をも教えるべきなのです。

そしてもしそういう教科書で教えなければならないのなら、
敗戦国は戦勝国の史観によって自国の教科書も
書かねばならないという事実を子供たちに教えるべきなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

kokkikoki

Author:kokkikoki
若人党党首
35歳にして若人です。
コメント歓迎、リンクフリーです。
相互リンク大歓迎!!
党員募集
党大会という名の酒宴で国事を語り合いましょう!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
こころを揺さぶる書
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。