スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人に今、必要なこと2


まずはクリックお願いします。

(続き)
現在の日本の官僚体制は明治に始まっていますが、
その当時の日本では維新の若者たちが作った若々しい国家であったために、
国を思う心、国を守る心を持った政治家や官僚が多かったのです。

当時を振り返れば、アメリカの黒船に脅され、
フランス、イギリスに国土を砲撃され、ロシアに領土を脅かされ、
外的要因が大きかったと思いますが、
いつ何時他国に侵略されてもおかしくないし、
世界環境も帝国主義全盛のころであったので、
その日本人の恐怖たるや想像を絶するものであったと思われます。

三百諸侯といわれる江戸体制の幕府統治下では
「藩人」「藩士」としての意識はあったと思いますが、
「日本人」としての意識はまだまだ低かったのです。

ところが三百もある藩がそれぞれ勝手なことをしていては、
諸外国が楽に領土を切り取れるだけです。

実際に「清」といっていた当時の中国ではそこかしこを
欧米列強に蚕食されていたのです。

そこで「それではいかん」、
ということで超中央集権的な明治維新政府が誕生したのです。

維新政府では官僚が大活躍しました。

彼らには新たな日本を自分たちの手で
作っているという喜びもあったでしょうが、
一時でも休んでいれば他国に侵略されるという気分があったでしょう。

ある欧米に当時留学した日本人は寝る間を惜しんで勉強したといわれますが、
彼などは「私が一日休めば日本が一日遅れてしまう」という意識、気概のようなものがあったのです。

彼らが頑張った恩恵と言うものは、
われわれの暮らす現代の日本に色濃く反映されています。

その分野は多岐にわたります。銀行制度、郵便制度、
鉄道、建設技術、教育制度など少し考えただけでもこれだけあげることができます。

またその技術、制度は日本だけにとどまらず、海を越えていきました。

台湾に今でも残っているダムは台湾国民の生活を飛躍的に向上させましたし、
作った日本人(八田与一)は銅像になり今でも感謝されているのです。

また、国立の大学も韓国や台湾に日本本土の大学が整備されていくのとほぼ同時期に、
またはそれよりも早く作られてもいます。
しかも日本国民の税金を資本としてです。

日本は侵略国家だのなんだのといわれています。
確かに今の基準でいえばそういえなくもないかもしれません。

しかし、それを理由にしてかつての日本人はひどい奴らだった、
他国を侵略したではないか、
とは一概には言えないのです。

われらの先祖が残した技術や制度の恩恵の上に
成り立っているのが現在の日本です。
私はこの先輩方を尊敬するし、
誇りにも思います。
 
話しが脱線しかかっていますが、
要は日本を誇りに思う気持ちが今、
一番大切なのではないか、ということなのです。

その気持ちさえ取り戻せば、
そうは単純にはいかないでしょうが、
今ある問題の多くのものは解決できるのではないかと思います。

(続く)

日本人に今、必要なこと1

まずはクリック

(続き)

今、日本の海の外と内を少し眺めてみましたが、ちょっと考えただけでも不安定要素に満ち満ちています。
 
ではこれから日本は日本人はどうすれば良いのか?

私は表面的に経済状況が回復したところで、この内と外の根本が抱える問題は解決しないだろうと思います。
 
いくらお金があっても、心までは買えないし、貧乏であっても慎ましく生きている人の方がお金持ちよりも尊敬できるからです。

それはシステムや方策といったものでは解決できないのだろうと思います。

「意識」、国民の意識自体が変わらなければならないと思います。
どんなに素晴らしいシステムや方策でも、それを動かし、運用していくのはひとりひとりの人間、この場合は日本人であるわれわれひとりひとりです。

政治家の金権体質や官僚の天下りなどは経済状況が回復しても絶対になくならないし、ますます酷くなっていくでしょう。

どんなに素晴らしいシステムや法を整備したところで、彼らがそれらを作る以上、抜け道をなんぼでもつくることができるのです。正にいたちごっこです。
 しかし、彼らのわれわれひとりひとりの意識が、たとえば本当に心のそこから、国民の幸福を願い、国のために働きたいという気持ちを持っていたとしたら、どうでしょう。

一気に金権体質や天下りの問題などは吹き飛ぶのです。

彼らやわれわれには、国を思う気持ち、国を誇りに思う心が絶対的に足りないのです。


賛同していただける方のみ
FC2 Blog Ranking
押してください。

今の日本は平和か2


まずはクリック

(続き)では、日本の海の内はどうでしょうか。

政治でいえばクリーンな政治をうたって鳴り物入りで政権交代を果たした民主党は様々な金の問題で、国民の信を失いかけています。

前政権と体質は全くかわっていないではないかと。

クリーンさを標榜してできた政権なだけに、その悪質さは目に余ります。

さらに官僚の天下りも日銀総裁人事をめぐってのあの一連の対応から、全くよくもまあ、舌の根も乾かぬうちからこうもあからさまにできるものだと、感心するくらいのお粗末さです。

官僚の天下りの全面禁止がきいてあきれます。
 
経済状況も百年に一度の大不況ということで、非正規雇用の社員は勿論のこと、正規雇用の社員までもが、リストラされます。

派遣社員は言わずもがなです。

新入社員の雇用状況も最悪の状況ですし、失業率も高止まりしたままです。

それに伴って自殺者も年間に3万人を超える状態が続いています。

社会不安が拡大しているといえましょう。

これだけみても平和な世の中とはとてももういえそうにありません。

今の日本は平和か1

お願いします 


私は日本人として生まれてきました。

しかし日本人と意識したことはやはり海外に行くまで特別にしたことはなかったのです。

そして日本に生まれてずっと生活するぶんには特別意識することも、
またその必要性もないのかもしれません。

ところが、それは平和な状況が未来永劫続くという保障があればこそのことです。
 
さて、今、果たして日本は平和なのでしょうか?

それでは1年後は、5年後はそして10年後は?
 
今現在でいえば日本はどこの国とも戦争をしているわけでもなく、
内戦状態にあるわけでもなく、無政府状態であるわけでもない。

一見平和であるようにみえます。

確かに戦後65年間、日本はどこの国とも戦争状態に陥ったことは一度もありませんでした。
 
しかし核ミサイルをいつ日本の国土に向かって打ち込まれるかもわからない。

日本の領海に存在しているかもしれない資源を他国に詐取されている。

日本人を他国に拉致されても取り返すことができない。

他国に日本の領海を侵犯をされても何の報復、まともな抗議もできない。

日本の固有の領土を他国に侵略されている。と、聞いたら、
果たして今現在ですら、日本は果たして平和な国家であるといえるのかどうか、
怪しくなると思いませんか。
 

 日本の海の外の状況は以上のように危険な日本の平和を乱す香りで充満しているといえます。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

kokkikoki

Author:kokkikoki
若人党党首
35歳にして若人です。
コメント歓迎、リンクフリーです。
相互リンク大歓迎!!
党員募集
党大会という名の酒宴で国事を語り合いましょう!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
こころを揺さぶる書
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。